神子畑鋳鉄橋

日本有数の銀山である兵庫県の生野銀山や有名な竹田城の近くの山中で、昭和62年まで操業し、一時日本一のスズの採掘量を誇った「明延鉱山(あけのべこうざん)」。明延鉱山から採掘された鉱石を神子畑選鉱所や生野精錬所まで輸送するため1886年から2年の歳月をかけて約16kmの鉱石運搬道路が建設されました。その遺構として現在も残っているものが「神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてつきょう)」です。

のどかな山里に残る重厚な神子畑鋳鉄橋

神子畑鋳鉄橋

のどかな田園が広がる山里に、ずっしりとした重量感で重厚な存在感を漂わせる神子畑鋳鉄橋。鉱石の運搬に使われた道は今はありませんが、川にかかる橋は当時のままの姿で残っています。この神子畑鋳鉄橋は日本に現存している全鋳鉄製の橋としては最も古いもので、歴史的な価値が認められ、重要文化財に指定されています。

神子畑鋳鉄橋

橋がわたる神子畑川にも、付近には古い石垣が組まれており、かつてこの付近に様々な施設があったことを伺い知れます。川原に下りて、石の上を渡りながらですが橋の下に入ることが可能です。橋の真下から見るとその構造がよくわかります。この橋を作っている鋳鉄とは、鉄を使った鋳物。橋の部品を型に流し込んだ鉄から作り出し、組み上げた橋です。とても重々しく重厚感のある其の姿には圧倒されます。かつてはこの上を重い鉱石が絶え間なく運ばれ続けていたのでしょう。

神子畑鋳鉄橋

橋を渡ることは可能ですが、残念ながらその先の道は封鎖されていてたどることはできません。かつてはこの橋の近く上を通って、鉱石を運搬するためのトロッコの軌道が敷かれていたそうです。今は静かな山村の中に、かつてのえいがを垣間見ました。

神子畑選鉱所も絶対一緒に見たい遺構

神子畑鋳鉄橋へのアクセスは車が必要です。橋の近くには5台分の駐車スペースがあり、見学をする際に駐車が可能です。朝来ICより車で10分でアクセスできるので、竹田城や生野銀山に訪問する際のプラスアルファの観光地として最適。また、もう少し先、車で5分の所に「神子畑選鉱所」があります。東洋一規模・生産量を誇り、「不夜城」と称された巨大な産業遺産は必見。駐車場があり、一部見学ができるようになっているため、ぜひ一緒に見学しておきましょう。

神子畑鋳鉄橋の観光・宿泊情報

神子畑選鉱所・神子畑鋳鉄橋は「明延鉱山」「生野銀山」「竹田城」と一緒に巡るのがお勧め。 宿泊は、少し車を走らせると関西屈指の温泉「城崎温泉」があります。
せっかくなので、城崎温泉で上質な温泉と美味しい料理を楽しみたいですね。

【じゃらん】城崎温泉のおすすめ宿

神子畑鋳鉄橋

場所: 兵庫県朝来市佐嚢字水田
電話: 079-672-4003(朝来市役所産業振興部観光交流課)
営業時間: 見学自由
休業日: 無休
料金: 無料
交通: 播但連絡有料道路・朝来ICより車で10分
駐車場: あり (5台・無料)

【投稿時最終訪問 2017年4月】

シェアする

3件のコメント

  1. 生野銀山は香住に行く時に通りました。
    橋も神子畑選鉱所も一見の価値がありますよね。
    知っていれば訪ねれば良かったです(^o^)。

  2. この神子畑鋳鉄橋や神子畑選鉱所は一見の価値がありますよね。
    生野銀山へは行ったことがありますが、こんな所があるなんて知らなかったです。
    今度この辺りへ行く機会があったら立ち寄ってみたいです。

  3. 親父の休日さん、ありがとうございます。
    生野銀山からもほど近い場所にあり、神子畑選鉱所と一緒に訪問していただければとても見ごたえがあります。道も走りやすいので、ぜひ次の機会にはお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください