みくりが池温泉 【日本最高所の温泉】

「立山黒部アルペンルート」は、北アルプス、3000mを超える「立山」を貫いて、北陸・富山と信州・長野を結ぶ長大な山岳観光ルート。その最高所である「室堂」には、美しい自然を満喫できる雲上の遊歩道が整備されている。室堂では夏も遅くまで残る雪と森林限界を超える素晴らしい風景、そして運が良ければ天然記念物のライチョウに出会うこともできる。そして室堂には美しい風景だけではなく、温泉が楽しめる。室堂バスターミナルから徒歩30分ほどの所に「地獄谷」があり、豊富な量の温泉が湧いている。その為、近辺の山小屋のいくつかには温泉が設けられていて、森林限界を超えた雲上の世界で気持ちよい温泉を楽しめる。標高2400m付近に広がる温泉山小屋が点在する室堂は、まさに日本最高所の温泉地ともいえる。

雪深い雲上にありながらも充実した山小屋

雪のみくりが池温泉

その何軒かある山小屋の中で最高所に位置するのが、「みくりが池」のほとりにある「みくりが池温泉」だ。ここ室堂で最大の池であり、立山の火山の火口跡であるみくりが池のほとりに立つ山小屋である。1年のほとんどを雪で覆われる過酷な自然の中にありながら、温泉にも浸かれる立派な施設をもつ山小屋だ。7月になってやっと付近の雪がなくなる厳しい自然の中にある。

みくりが池温泉

山小屋とはいえ、電気と水道が通じており、レストラン・売店も併設し、かなり旅館に近いものがある。この温泉は「日本で最も高い場所にある温泉」とされている。標高2410mにあり、森林限界を超えた雲上の山の上の世界で温泉が楽しめるのは、とても素晴らしい。
ちなみに、日本最高所の温泉で検索すると、八ヶ岳の「本沢温泉」も出てくる。こちらの標高は2150mでみくりが池温泉よりも300mも標高は低い。本沢温泉には野趣あふれる混浴露天風呂があり、「日本で最も高い場所にある温泉露天風呂」なのである。
さて、さっそく日本一高い場所で温泉に入ろう。外来入浴を受け付けているのがとてもありがたい。この日は剣岳登山を試みたが、激しい雨のため撤退してきた。夏場だが、冷たい雨にすっかり冷え切った体を温められるのか嬉しい。入口を入ると売店。その奥が、フロントになっていてここで外来入浴の受付をする。料金は800円。受付すると、「入浴記念」の札がもらえる。

みくりが池温泉

フロント横には50ℓのザックが入りそうなコインロッカーがいくつかある(100円)また、乾燥室も完備されていて、雨に濡れたレインコートなどを干しておくことができる。この日は雨のひどい天気ということもあって、雨宿りや僕たちと同じように冷えた体を温めようと訪れる登山者でロビーはごったかえしていた。
フロント横の入口からレストランを通り抜けると、温泉の入口がある。「雲上の温泉」と名付けられた温泉。
脱衣場にはロッカーはなく、棚に脱衣籠が置いているだけ。流しも1つしかない、とてもシンプルなつくりだ。浴室に比べると、かなり狭く、登山者が集中する時間には足の踏み場もなくなる。ちなみに、コインロッカーは先ほどのロビーの他に、この温泉の出入口にもある。ロビーのロッカーがいっぱいだったら、ここまで荷物を持って来てみるのも手だ。

杉の香りと硫黄の香りが心地よい日本一高い場所にある温泉

みくりが池温泉

2400mの標高にありながら、とても綺麗で広い浴室にはびっくり。最近リフォームされたようで、清潔でウッディな造り。壁に使われている杉の香りが強い温泉の香と交り合って気持ちよい。
湯船は2つ並べられていて、白く少し緑かかった湯が並々と注がれている。硫黄の温泉臭がとても強く、とっても濃厚な湯。加水・加温なし、正真正銘の源泉掛け流しだ。
この日は雨と霧で窓からは何の風景も望めなかったのが残念。晴れていれば、森林限界を超えた山肌とその下に横たわる雲海。そして、源泉の地獄谷のもくもくと煙を上げる風景を湯につかりながら見渡せる。露天風呂がないのは残念だが、眺められる景色は日本最高所の温泉だけに、普通はあり得ない風景だ。
設備も山の上とは思えないほどとても整っている。シャワーは3つ。カランのみの洗い場も3つはある。リンスインシャンプーとボディソープも備え付けられていて、登山の汗を気軽に流せるのもうれしい。まさに至れり尽くせり、雲上の別天地の温泉だった。
ちなみに持って入ったタオル、その後に着た服には温泉の硫黄の匂いがしばらく残り香となって、なかなかとれない。この手の匂いが苦手な人は注意する必要がある。

室堂地獄谷

浴室の窓からは、この温泉の源泉である「地獄谷」が望める。標高2400m近い高い山の上に、熱気が吹き出す硫黄の塔、地面に空いた穴から噴き出す高温の乳白色の湯。一歩でも危険地帯に迷い込めば命はないだろう、まさに地獄の谷。しかし、この地獄から引き揚げられた湯は、人々に最高の癒しを与えてくれる天国の温泉を作り出してくれている。
8月の遅くにも雪が残り、木々が生えず、雲が地面の上を流れる世界。天界の別天地で濃厚な乳白色の湯の中に身を沈めると、それはもう、とても気持ちが良い。冷え切った体の芯にまで、じわりじわりと暖かさがしみわたっていくのがわかる。日本最高所の温泉は、日本一心地よい温泉だったのかもしれない。

■立山黒部アルペンルート富山側「立山」付近の宿・ホテル一覧

みくりが池温泉

住所: 富山県中新川郡立山町室堂平
電話: 076-465-4595
休み: 期間中無休
期間: 4月下旬~11月下旬
料金: 800円(子供600円)
営業時間: 9:00~16:00
交通: 富山地方鉄道立山駅から立山ケーブルカーで7分、高原バス50分、徒歩12分
ロッカー: 有り(100円・中型ザック収納可能な大きいものもいくつか有り)

【投稿時最終訪問 2019年5月】

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください