深山峠アートパーク【美瑛・富良野の絶景ドライブスポット】

北海道でも屈指の人気を誇るエリア「富良野・美瑛」。美しいガーデンや、北海道の代名詞ともいえるパッチワークの美しい丘が広がり、多くの観光客が訪れる。僕もこの場所が大好きで、訪れるのは今回で4回目。
4回も訪れているのに、まだまだ見切れていない。見どころがたくさんあるのはもちろんだが、とにかくこのエリアは広く、何度見ても飽きない場所ばかり。富良野から美瑛も約50km離れていて、地図で見るよりも移動に意外と時間がかかる。そして、その富良野と美瑛の間には峠があり、ついついこの峠でひと休憩入れたくなる。
そんな時にぴったりの休憩場所が「深山峠アートパーク」だ。深山峠を代表する場所で、展望の良さと充実した売店、そしてちょっとした観光施設がある。美瑛と富良野を国道247号線を使って移動する際のドライブイン的な施設で、深山峠を越える時は必ずとここで僕は休憩する。それだけ気持ち良い場所で、ドライブの立ち寄りベストスポットといえる。

深山峠のシンボル 巨大に見えるトリックアート神殿

深山峠トリックアート美術館

国道237号線を深山峠に富良野川から登ると、道路の向こうから飛び込んでくる巨大な神殿。「なにこれ??」と思わず思ってしまう。北海道の峠にどうしてこんな巨大な神殿が建っているのか。初めは不思議に思うが、近づいてみて、駐車している車と比べてみると・・・実は2~3階建くらいの建物。建物の壁一面にトリックアート、いわゆるだまし絵が施されていて、とても巨大な神殿に錯覚してしまう。
この建物は「トリックアート美術館」で、多くのトリックアートが展示されている。ただ、北海道に来てわざわざ見る事もないので、未だ1度も入ったことはないが・・・

深山峠観覧車

トリックアート美術館とならび、ここのランドマークともいえるのが観覧車。そんなに大きくないのだが、峠の上、北海道の何も遮るもののない風景。観覧車から眺める風景は絶景に違いない。
観覧車に乗る時間がないときは、そのすぐ横に「深山峠展望台」がある。簡素な展望台だが、ここからも十勝岳連峰と丘に広がるパッチワークのような畑の風景を楽しめる。

十勝連峰とパッチワークの丘を一望する絶景のテラスでひと休み

深山峠

施設の一番奥、みやま物産館のウッドデッキ。これぞ北海道といった美しい風景を望める広々とした場所は開放感があり、とても気持ちがいい。ベンチやオブジェも多数あるので、旅の記念写真撮影には持ってこいの場所。
あまりにも気持ちがいいので、ここで思わず長居してしまう。いつも富良野ではひとつのスポットに居すぎて他の場所を見れずに失敗しているのに、また今年もここで長居してしまった。人間の学習能力をも無効にさせるくらいの、とても魅力的で美しい風景だ。

深山峠からの展望

畑の向こうに望む十勝岳連峰。主峰の十勝岳は標高2077mの活火山で、今も噴煙を上げている。
その美しい山々をバックにした丘陵風景は見事。「まさに北海道」がここにある。
この日は快晴だが、残念ながら山の方には雲がカーテンのようにかかり、その全容は見えない。畑には富良野の代名詞のひとつ、ラベンダーが咲いていたようだが、花期が終わった9月にはすっかり刈り取られていた。やがて十勝岳が白くなり、木々が色づき始める。そうなると、北海道にはひときわ美しい秋の風景が訪れる。

パッチホークの丘

しばしば「パッチワーク」と表現される、美瑛の美しい丘。広大でなだらかな丘陵地に、まるで縫い合わされたかのように、畑が広がっている。そして、まるで計算されたかのように、所々、その縫い目にまるでマチ針のように突き刺さるように立つ1本の木。人の営みと自然が見事に調和した風景は、北海道ならではの美。

深山峠

はじめて北海道の真髄ともいえる風景を目にした娘。この風景に何か感じてくれるのだろうかと思っていると、畑にあるウッドチップを拾って遊び始めた。2歳児にはまだまだこの広大な風景の感動は伝わらないようだ。残念ではあるが、また娘がこの風景に感動する年頃になった時、北海道にまた来たい。そう北海道にいながらも強く思う。

深山峠売店
あげいも

さて、北海道の寄り道の楽しみのひとつは「グルメ」だ。特に「イモ」関係の料理は外れが少なく、びっくりするくらいにリーズナブル。ドライブインなどの売店で買っても、とても美味しい。
美瑛は「カルビー」が、ポテトチップスなどで使うジャガイモを多く生産している場所。富良野でも、宿泊や食事をしたら、新ジャガを送料だけで送ってくれるという施設も少なくない。ここで特産品ともいえるイモを食べない手はない。
「深山フードファクトリーひまわり」という、テイクアウト型のお店で頼んだのが「あげいも」(250円)イモがまるまる4個で250円はやはり破格。ちょうど「アメリカンドックの中身がイモになった」というのがぴったりの表現。サクサクの衣の中にホクホクのイモ。とても甘くておいしい。
ウッドデッキの一部はバーベキューテラスになっていて屋根がついている。この1席を拝借して、イモに舌鼓を打った。
ひまわりでは、ほかに250円でジャガバターやいもだんごなども販売している。また、kg単位で売っているイモはびっくりするくらい安かった。マイカーで来ていたのならば、絶対に買って帰るびっくりの値段。
美しい北海道の風景と、格安で美味しい北海道の味。目でも口でも味わう北海道。最高の贅沢な時間だった。

美瑛・富良野の宿泊情報

美瑛と隣接する富良野にはプチホテル・ペンションをはじめリゾートホテルが多くあります。 美しい丘をはじめとする北海道らしい風景の中にあり、美瑛や富良野の特産物を使った美味しい食事が自慢のホテルも多数。
このエリアには見どころが多いので、ぜひ宿泊してゆっくり美しい風景を満喫したいですね。

【じゃらん】美瑛・富良野のホテル

深山峠アートパーク

住所: 北海道空知郡上富良野町西8線北33号深山峠
電話: 0167-45-6667
営業時間: 4・10・11月 9:00~17:00
     5・9月    9:00~18:00
6・7・8月  9:00~19:00
休業日: 12~3月(冬季休館)
交通: 富良野市内より車で国道237号線を約30分
   旭川市内より車で国道237号線を約50分
駐車場: 約200台 (無料)

【投稿時最終訪問 2018年3月】

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください