紅葉の山中湖一周サイクリング

最終更新日

Comments: 0

富士五湖のひとつ、山梨県の「山中湖」は標高982mに広がる湖。10月末から11月中旬にかけてが紅葉の見頃で、美しい紅葉に彩られた湖畔から望む雪化粧をした富士山がとても美しいのです。山中湖は自転車で1周できるように道が整備されているので、美しい秋の風景を探しながらサイクリングを楽しめる絶好のスポットです。

山中湖へ向かうアクセスは紅葉と富士山を眺める絶景サイクリング

富士山駅

折り畳み自転車やロードバイクを輪行するなら、富士急行の富士山駅からサイクリングスタートです。巨大な赤鳥居がある富士山駅はターミナルビル「Q-STA」となっています。屋上の富士山駅展望デッキからの富士山の眺望は抜群。ぜひ帰路の電車の待ち時間などには屋上に上がってみたいですね。

富士山駅から国道138号線へ

富士山駅を出発して国道138号線に向かう道の正面には雪化粧した富士山の姿が。スタート直後に一気にテンションが上がる風景です。

国道138号線と富士山

国道138号線に出て、山中湖を目指します。歩道もあるので折り畳み式の小径車でものんびりと安全に走ることができます。

道の駅富士吉田


山中湖に向けた本格的な登りが始まるところでに道の駅「富士吉田」があります。電車でなく車に自転車を乗せて移動するなら、この道の駅からのスタートが良いでしょう。道の駅では土産店や物産館などはもちろん、飲食店も充実しており、アウトドアショップもあります。また富士山の雄大な風景を望める公園や、かつては富士山山頂にあった富士山レーダーを移設した「富士山レーダードーム館」もあります。できれば帰路に立ち寄りたいスポットです。

ふじさんミュージアム

道の駅の斜向かいには、ふじさんミュージアムがあり、国道沿いには移築された築約300年の茅葺きの家があります。その周囲には真っ赤なモミジに取り囲まれており、美しい日本の里山の秋を感じられる風景が楽しめます。

秋の国道138号線は自転車で走りたい紅葉に包まれた道

紅葉の国道138号線

さて、わざわざ直接山中湖に向かわず富士吉田から国道138号線を走るのは、富士の樹海の紅葉の美しさを堪能するため。樹海全体は紅葉しませんが、国道沿いには見事な紅葉の森が所々にあります。広い歩道と自転車専用レーンがありますので、本気でものんびりでも、安心してサイクリングができます。

紅葉の国道138号線

モミジやブナなど、赤や黄色に彩られた紅葉の中を走るサイクリングはとにかく気持ちが良いのです。富士山駅から山中湖までは9km、標高差190mの登りですが、勾配は緩やかなのであっという間に到着します。

山中湖の紅葉

とにかく美しい紅葉が多い国道138号線。途中には炎のような真っ赤なモミジに何度も目を奪われます。山中湖湖畔の紅葉も美しいですが、これだけ鮮やかな紅葉に包まれた道を走れるのは、湖畔ではなく森の中を走る醍醐味で、山中湖到着前にたっぷりと堪能しておきましょう。

澄んだ秋の空気の山中湖は青くて開放的!

山中湖サイクリング

東富士五湖道路の山中湖インターを過ぎ、少し坂道を下ると山中湖に到着です。美しい赤い森から出るとそこは、空の色を映した青い湖。空と湖が広がる開放的な風景には、目的地に達成した達成感も感じられます。

山中湖サイクリング

富士五湖の中でも最大の面積を誇る山中湖は一周およそ14km。サイクリングも安全にできるよう道路も整備されています。坂道もほとんどなく、とても走りやすいルートです。山中湖にはレンタサイクルを取り扱うお店がいくつかあります。山中湖で自転車を借りて出発するのも良いでしょう。山中湖は湖畔沿いを走るために反時計回りで走ります。しばらくは自転車も走ることができるウッドテラスの上の気持ちよい走行です。

秋の山中湖

赤く紅葉する山々と空と同化してしまいそうな青い山中湖が織りなす風景とにかく美しく、自転車をこぎながらも目を奪われてしまいます。遠くには雪を頂いた南アルプスの山々の姿も望む素晴らしい秋の高原の風景です。

プリンセス・オデット号

山中湖を優雅に進む巨大な白鳥「プリンセス・オデット号」
220人乗りの巨大な遊覧船で、乗船して山中湖の風景を楽しむのももちろん、湖岸から山中湖に泳ぐその姿を見ているだけでもとても様になります。実際に山中湖に野生の白鳥の姿もあります。

山中湖からの富士山

湖と反対側には時折、森や建物の間から真っ白な富士山が顔をのぞかせます。紅葉するカラマツ林やモミジなど、色鮮やかな紅葉と真っ白な富士山のコラボは日本でも有数の秋の美と言えます。

紅葉に彩られた山中湖湖畔は息をのむ美しさ

紅葉の山中湖

山中湖の紅葉のスポットでもある「旭日丘湖畔緑地公園」は秋の山中湖の美しさを凝縮したような風景。湖畔の森の赤色と、湖の青色が織りなすコントラストは得も言われぬ美しさ。自転車をとめて、紅葉の湖畔の森の中をぜひ歩いてみましょう。

山中湖の紅葉

赤や黄色に染まった森の間から青い湖面を垣間見る風景はまるで絵画のよう。その見事な秋の色に包まれた場所からは動けなくなってしまいます。昼間は日の光に照らされた眩しく鮮やかな紅葉が楽しめる旭日丘緑地公園は夜にはライトアップされ、暗闇に浮かぶ幻想的な紅葉が楽しめます。

紅葉の山中湖

富士山の裾野にある山中湖は高原の湖。富士山と反対方向で、相模川となる桂川が流れ出す方向は、山上の湖の様相を強く感じることができます。
紅葉の時期は10月下旬から11月上旬。その頃には山中湖な湖畔では色づく木々で覆い尽くされ、秋の美しさを堪能できます。

紅葉の国道413号線

湖畔を周遊する道路は、御殿場へ向かう国道138号線から国道413号に乗り換えになります。広く走りやすい歩道があるので、紅葉が見事な場所で止まり美しい景色を探すにも絶好のサイクリングルートです。

富士山とカラマツの黄葉

カラマツの森もとても多く、カラマツの黄葉の向こうに見える真っ白な富士山は見事。日本の代表的な風景にして、日本離れした美しさがその

山中湖北側はサイクリングロードで富士山と紅葉をのんびり堪能

山中湖と拭ぬ持参

旭日丘湖畔緑地公園の東端の「山中湖夕焼けの渚」には展望台があり、付近からは富士山の裾野と山中湖が織りなす秋の風景を眺めることができます。サイクリング中には難しいですが、その名の通り夕日が美しいスポットで日本の渚・百選もに選定されています。紅葉の湖畔の散策がとても気持ちよいので、時間があれば寄り道してみたい場所です。

秋の山中湖

国道413号線から湖の北側へと北上します。途中、マリモ通りに入り、クジラの形に例えられる山中湖の尾びれの場所を回り込みます。ぐるりと180度転回するため、ここから見える山中湖の風景は目まぐるしく変わります。

みさきキャンプ場とサイクリングロード

みさきキャンプには心地よいサイクリングロードの入口があります。山中湖に突き出した細長い岬の湖畔のキャンプ場で、山中湖の絶景を展望しながらキャンプが楽しめます。そのロケーションの良さから、人気キャンプ漫画「ゆるキャン」にも登場しています。

富士吉田山中湖自転車道

国山中湖の北側には「富士吉田山中湖自転車道」が整備されています。「山中湖交流プラザきらら」のグラウンド手前で国道413号線から自転車道に入ることができます。湖のすぐそば、富士山を眺めながら車の安全にのんびりと走ることができるとても気持ちが良いルート。山中湖北側を走る県道、通称マリモ通りは路肩が無く多少アップダウンがありますので、このサイクリングロードのほうが断然オススメです。

山中湖と富士山

山中湖北側からは、湖の向こうに富士山を眺められる絶景のエリア。富士山を眺めながらのサイクリングはとにかく気持ちが良いのです。

紅葉の山中湖と富士山

真っ赤なモミジに縁取られた雪化粧の富士山。日本の美がそこにあります。

紅葉の山中湖サイクリング

サイクリングロードは湖畔沿いをずっと走るので、とにかく風景に飽きません。富士山の裾野にある山中湖の標高は982m。とても空が近く感じます。

紅葉の山中湖サイクリング

走ってきたサイクリングロードを振り返ります。山中湖の湖畔もそうですが、延々と続く紅葉の森が秋の風景をつくり出しており、最高のサイクリングを楽しませてくれます。

紅葉の山中湖サイクリング

富士山と山中湖を眺めながら紅葉の中を走る湖畔沿いの自転車道は、秋の富士山を感じるには最高のロケーションです。

山中湖の富士山のベストビュースポット「長池親水公園」

長池親水公園駐輪場

山中湖湖畔の富士山の展望スポット「長池親水公園」にもサイクリングロードは通じており、駐輪スペースもあるので絶景を眺めながら休憩するにはもってこいの場所です。

長池親水公園

長池親水公園は富士山の絶好のビューポイント。山中湖の向こうに雄大な富士山を望むは圧巻の風景です。11月中旬や2月初旬には、山中湖に映る逆さ富士に夕日が沈む「ダブルダイヤモンド富士」の絶景が見られるそうです。

秋の長池親水公園

長池親水公園にはあずまややトイレ、遊歩道があるので、休憩がてら富士山の絶景を楽しめます。また、山中湖の渚まで降りられる階段もあるので、のんびりとできるスポットです。

復路は忍野八海や秋の自然を求めて別コースで

紅葉の山中湖

帰りはせっかくなので、忍野八海経由で富士山駅に戻りましょう。山中湖から流れ出す桂川(相模川)沿いに走り、途中からファナック通りに入ります。桂川沿いの道はところどころ、息をのむような美しさの紅葉が見られるので、往路で走った国道138号線とは違った美しさがあります。

秋のファナック通り

ファナック通りはその名の通り、ファナックという会社の工場地帯走り抜けます。工場が集約された場所ですが、深い森に工場が隠されるように建てられているので、走っているととても気持ちよく感じます。その後はのどかな田園地帯となり、忍野八海へと道は向かいます。

忍野八海出口池

山中湖1周はのんびり走れば2時間ほど。時間があるなら人気の観光スポット「忍野八海」に帰路に訪れるのも良いでしょう。特に、忍野八海の中で唯一離れている「出口池」には自転車で行くのが便利。観光スポットの忍野八海の中でもとても人がいない静かな雰囲気の池で、湧き出す富士の湧水を楽しむのも自転車観光の醍醐味です。

秋の桂川

忍野八海から国道138号線沿いに戻る際は、桂川沿いの道を走ります。この付近の森の中を流れる桂川は忍野八海や付近の山からの水を集め美しく流れています。少し森に入ると、手付かずの原始の風景を見られる場所もあります。そんな風景を探しながら走るのもサイクリングの醍醐味です。

この先道は国道138号線に合流します。先に紹介した「道の駅富士吉田」や富士山駅の「Q-STA」で地元グルメやお土産を楽しんで帰路に着きましょう。

山中湖紅葉サイクリング

紅葉の見頃:10月下旬~11中旬
富士山駅~山中湖:9km、高低差190m
山中湖一周:14km

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください