児島の海と瀬戸大橋・高州の浅瀬

岡山県倉敷市。美観地区で有名な同市の南は、かつて児島市であった児島地区で、瀬戸大橋をはじめ、鷲羽山ハイランドやこどもおもちゃ王国などの子連れでの遊び場がいっぱい。そんな中でも気軽に磯遊びを楽しめる場所が国道430号線、王子が岳麓、「からこと丸」乗り場がある海岸です。

駐車場完備の気持ちよいビーチ

ビーチを通る国道の山側と海側にそれぞれ無料の駐車場があります。道路を渡らないといけないですが、山側の駐車場のほうが舗装されていて使いやすいです。地元で人気の「王子が岳」登山や観光渡船「からこと丸」乗船の駐車場にもなっています。

瀬戸内海に突き出した石の堤防。天気が良ければここに座ったり寝転んだりして、穏やかな瀬戸内の風景を堪能するのが気持ちよいです。

砂浜には大きな石や岩もあり、生き物の気配もあります。裸足やサンダルで海に足をつけて遊ぶにはもってこいのビーチです。

美しい瀬戸内海。まるで児島の名物「児島ジーンズ」みたいな藍色が海となって一面に広がっています。なお、ここ児島は日本産のジーンズの発祥の地であり、人気の児島ジーンズのお店が集まる「児島ジーンズストリート」も人気です。

瀬戸大橋や高州の浅瀬が一望の絶景

遠浅で透明な海は岩場もあるので、泳げない季節でも磯遊びが楽しめます。磯釣りを楽しむ釣り客も多くいます。

瀬戸大橋

遠くには四国・香川県へと続く瀬戸大橋が延々と島を渡って続いています。本州本土からこのように瀬戸大橋を横から眺められるポイントは少なく、珍しい風景です。

高州の浅瀬

沖合い1kmのところに「高州の浅瀬」があります。写真中央に浅瀬があり、小さな黒い点のように潮干狩りをしたり、磯遊びをする人がいます。4~8月までの大潮の干潮時に、約3時間だけ高州が干上がり、海の真ん中に幻の島ができます。この3時間の間に観光船に乗って、訪れることができます。磯だまりには逃げ遅れた魚やヤドカリなどの小さな生き物を見ることができます。
このビーチに「高洲の浅瀬」に渡る「からこと丸」の船着き場があります。駐車場に車を駐車して、海の中に突然現れた浅瀬に行くことができるのです。

王子が岳

見上げると、頭上には岩肌を露出させる王子が岳の姿。海のすぐそばに迫る荒々しい姿は迫力があります。駐車場の横には「帆風」という洒落たレストランがあります。青い海を眺めながら、雰囲気の良い店内で贅沢な食材を美味しく頂けると人気のお店です。美しい海と瀬戸大橋、そして緑を間近に楽しめる、ゆっくりとくつろげるビーチです。

児島・鷲羽山の宿泊情報

児島・鷲羽山周辺には、風光明媚な瀬戸内海を眺めながら宿泊できるホテルが多数あります。瀬戸内海の幸を存分に楽しめる宿も多く、宿泊するにももってこいのエリアです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください