神戸ワイナリー農業公園

最終更新日

Comments: 0

神戸は港町というイメージが強くありますが、実は市内に六甲山がすっぽり収まっている自然豊かな山の町でもあります。港町で洗練される美味しいスイーツはもちろん、山間部で育てられる神戸ビーフなど美味しいものの宝庫でもあります。そんな神戸の名を冠した美味しいもののひとつとして「神戸ワイン」があります。六甲山の北側にあたる自然豊かな神戸市北区や西区に広がるブドウ畑で収穫された良質な葡萄を使用して作られるワインで、モンドセレクションワイン部門や国産ワインコンクールで何度も受賞を重ねる人気のワインです。そんな神戸ワインが生産される「神戸ワイナリー農業公園」は観光施設として開放されています。ワイナリーの工場見学はもちろん、ワインの試飲や地元の美味しいものを使ったカフェなどが楽しめます。

神戸の自然の中に広がる広大なワイナリー

神戸ワイナリー

神戸ワイナリー農業公園は、自然豊かな神戸西区の小高い丘の上にあります。ヨーロッパを思わせるような建物が鎮座しています。

神戸ワイナリーブドウ畑

広大な園内にはブドウ畑が広がります。一面のぶどう畑が広がる丘陵地帯は、まるでヨーロッパの田園風景を思わせます。ブドウ畑の中は散策できるので、天気や気候が良いときは日本離れした風景を堪能できます。

神戸ワイナリー

ゲートをくぐると回廊に囲まれた赤レンガ敷きの広場。イベントなどが時折催されたりもします。天気がよければ、ここでゆっくりするのも落ち着いた時間を過ごせそうですね。

神戸ワイナリー

広場の脇にはきれいな水路にコイが泳いでおり、エサをあげることができます。また、昔に使用されていたワインの製造の道具が展示されています。

ワインの製造や地下成熟倉庫の見学も楽しい

神戸ワイナリー地下熟成倉庫

ワインを熟成させる「地下熟成館」も自由に見学ができます。赤レンガの階段を地下に降りていくと、300を超えるワイン樽が眠る地下室に。これだけの規模のワイン樽を見られる場所も珍しく、この中で美味しいワインが育っていると思うと、何かロマンのようなものが感じられます。

神戸ワイナリー工場見学

広場を囲む回廊を歩くと、ワインが作られていく工程を見学できるようになっています。神戸ワインがどのようにして生まれ、世に送られていくかを興味深く見守れます。

神戸ワイナリー

ワインショップには神戸ワインがずらりと並びます。お手頃価格なものから、プレミアムな10年熟成のワインまで、その種類は様々。NHKの朝ドラで放送された神戸を舞台にした「べっぴんさん」とコラボしたワインもあり、そのバラエティは豊富です。ショップでは何種類かのワインの試飲ができるようになっています。また、地元神戸のお土産も多数取り扱っているので、旅行のお土産を求めるにも最適です。

ワインによく合う美味しいランチも楽しめる

神戸ワイナリーレストラン

神戸ワイナリーはとても雰囲気の良い場所ですが、やや観光客は少なめ。いくつかあったレストランも今は集約して、絞られたメニューで営業しています。まるでワインの醸造所を改装したような「ワイナリーカフェ」が唯一のレストラン。それでも雰囲気はよく、ランチとしても楽しめますので、この付近で食事をするにはイチオシのレストランです。

神戸ワイナリーレストラン

「ワイナリーカフェ」はフードコートのようなセルフスタイル。自店で本格的な調理はせず、神戸の有名店の人気メニューを仕入れて上品にアレンジして提供してくれます。雰囲気のある店内で頂く食事は快適。神戸ワインを片手に楽しめるメニューがそろっているのも嬉しいです。

神戸ワイナリーレストラン

神戸北野にある名店「神戸・近藤亭きっしゅや」のキッシュ(生ハムのキュッシュ650円)。近藤亭での生ハムのキシュの販売価格が620円なので、サラダ、パン、スープをつけて650円で販売しているのはとても良心的。キッシュとはフランス・アルザス地方の伝統料理で、サクサクのタルトに様々な具材を詰め込んで焼き上げたもの。イタリアパルマ産の生ハムとインゲンが使われており、ふわふわトロトロの卵が詰め込まれており絶品。絶対にワインが欲しくなる一品です。他にもスモークサーモンのキッシュもあります。

神戸ワイナリーレストラン

続いて、神戸の有名店「森谷商店」のミンチカツを使った「ミンチカツバーガーセット」(650円)森谷商店は明治6年、開港直後の神戸に創立された老舗の肉屋。神戸元町にある本店は何度もメディアでとりあげられており、揚げたての美味しいコロッケやミンチカツを求めて連日大行列ができる人気店です。そんな人気店のミンチカツは薄い衣ながらもサックサク。牛脂で何時間も炒めた玉ねぎのみの味付けで、ジューシーかつ濃厚な味わい。そんな逸品を贅沢にもバーガーにアレンジして頂けます。もちろん森谷商店のコロッケ(150円)、ミンチカツ(200円)での単品もあります。

神戸ワイナリーレストラン

最後は「神戸ワインビーフシチュー」(800円)神戸ワインでじっくり煮込んで熟成させたまろやかなコクのビーフシチューです・・・そうパッケージに書かれた「神戸ワインビーフシチュー」なるレトルト商品が、ワインショップで350円ほどで売られていました。濃厚な味わいでトロトロのお肉が入って美味しかったですが、やはりどこか均一的な味わいではありました。地元の名店や特産品をアレンジして提供するお店は今までに食べたことはなかったので、とても斬新でした。神戸ワインの製造者という立場と信用があるからこそ、できる事なんでしょうね。ここではやはり名店として名をはせている近藤亭と森谷商店の商品を狙うのがオススメです。

神戸ワイナリーバーベキュー

公園内にはバーベキュー場もあります。なんと1000名を超える収容人数があり、屋根と開閉式の壁があり、予約不要・手ぶらで快適なバーベキューが楽しめます。国産上ビーフ(160g)とおにぎり、野菜のセットが1,850円から。もちろん神戸ワインも楽しめます。農業公園内のショップで購入した食品は持ち込めるので、ワインショップで購入したお気に入りのワインとおつまみをプラスして楽しむのもよさそうです。利用時間は2時間制です。他にもバンパーボート、パターゴルフ、ゴーカートなどの施設があります。大人の嗜みや社会見学だけでなく、子供もいっぱい遊べるので楽しい場所です。


最後に、ここまで来たのなら是非一緒に楽しんで頂きたい施設があります。すぐ近くにある「グリコピア神戸」です。電話かネットで事前予約しておけば、ポッキーやプリッツの工場見学も一緒に楽しめます。また、神戸ワイナリーの入口に「六甲のめぐみ」という農協の直売所があります。神戸の西区で獲れた新鮮で立派な野菜が、神戸市内では絶対に買えない安さで販売されています。お母さんが一緒なら、ここで食卓の賑わいを求めることも外せませんね。

神戸ワイナリーの観光・宿泊情報

神戸には多くのホテルがありますが、人気エリアは中心部の「三宮・ハーバーランド」、淡路島を目の前にしたリゾート「舞子」、大自然の中で都会を見下ろす「六甲山」、日本三古湯のひとつ「有馬温泉」などがあります。神戸ワイナリーは六甲山の北側に位置するので、少し距離がありますが有馬温泉に行きやすい場所でもあります。美味しいワインを楽しんだ後に、関西屈指の温泉に浸かるたびは至極の時間になります。

神戸ワイナリー農業公園

場所: 兵庫県神戸市西区押部谷町高和1557-1
電話: 078-991-3911
営業時間: 9:00~17:00
休業日: 無休 (年末年始、2月の施設点検日は除く)
交通: 第2神明「玉津インター」より約20分
  阪神高速北神戸線「前開インター」より約10分
料金: 入場無料
駐車場: 400台 (無料)

【投稿時最終訪問 2016年11月】

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください